【一石二鳥】Youtubeで投資と英語の勉強が叶う動画の英語解説、今回は”Bond Investment”(債券投資)

This image has an empty alt attribute; its file name is nordwood-themes-8LfE0Lywyak-unsplash-1024x683.jpg
Image from Unsplash

このウェブサイトでは「投資をすること」と「英語を勉強すること」が自由度が高い生き方につながると推奨しています。

でも投資ってどう始めたらいいかわからない…

そんな人には高橋ダンさんの投資Youtubeチャンネルがおすすめ。

ウォール街で培われた投資知識が身につくだけでなく、英語も勉強になる一石二鳥なYoutubeチャンネルの動画の英語解説を始めました。

高橋ダンさんについては、1回目の記事の配信で簡単に紹介しているので、こちらをどうぞ。

This image has an empty alt attribute; its file name is micheile-henderson-ZVprbBmT8QA-unsplash-1024x683.jpg
Image from Unsplash

このシリーズの記事では、高橋ダンさんの初心者〜中級者には役立つ、投資に必要な知識や考え方、使えるツールの解説動画の内容を簡単に日本語にまとめたうえで、

その英語動画のなかから日常的によく使うフレーズを5つピックアップし、

意味や例文、類似フレーズ、使い分け方を解説します。(毎週日曜日に配信)

3本目の動画:”Bond Investment”(債券投資)

Dan Takahashi Youtube Channel

ダンさんが投資を行ううえで、債券について解説している動画です。

書くと少し小難しいかもしれませんが、動画のポイントとしては以下の通り。

  • Bonds=債券。一般的には債券を発行してお金を借りるための投資商品。会社の社債や、国が発行する国債がある。マーケットクラッシュ時の備えとして国債を保有しておくのが有効。
  • 債券の専門用語としては、principal=元本(債券の価格)、 maturity(満期) coupon(利息) yield(利回り)
  • 国債は需要が高まって価格が上昇すると利回りが下がる。
  • 債券の分析をするうえで、一般的には10年債をよく活用する。
  • 現在は欧州10か国ほどの国債の利回りがマイナスに。お金を貸すのに利子を払うという現象が起きている。
  • マーケットクラッシュ時に政府が(救済金に充てるための準備として)国債をより多く刷り、価格が上昇した。有事の安全資産として機能する。
  • コロナクラッシュでもNYダウは30%ほど下がったのに対し、アメリカの国債は上昇した。
  • 満期期間が長いと利息が少し多い・満期期間が短いと利息はより少なくなる
  • 現在は国債もETFで買うことができて、(マイナス金利の欧州より)金利がつく国債+総合的に安全度が高いアメリカのETFを、ポートフォリオの一部に組み込むべき。
  • おすすめのETFはSHV、SHY、IEF、TLT。

英語解説もしていきます

1. “have the right to~” 3:43~

「〜が〜する権利がある」という意味。

アメリカでよく聞くフレーズです。(笑)

日本人より自己主張が良いことだとされる傾向にあるアメリカならではかもしれません。

“Here the rules are~. But if you have an objection, you always have the right to let us know.”

「ここでは〜というルールになっています。でも疑問があれば、意義をとなえる権利があります」といった使われ方でよくでてきます。

もう少しカジュアルで似た表現としては「you can~」(あなたは〜することができる)ですかね。

でも広い意味で使えてしまえるので、日本語で〜の権利があるというように言う事柄は”have the right to~”を使う方がいいと思います。

Dan Takahashi Youtube Channel

動画では”I now have the right to receive a 101 dollars in one year.”

(私は、一年後に101ドルを受け取る権利をもつことができました)というふうに使われています。

“Now I can receive a 101 dollars in one year.”というと、

(私は、一年後に101ドルをもらうことができます”になるので、

若干ニュアンスが違いますね!

2. whats going on with~5:10

「〜はどうなっている?」というような意味です。

ビジネスの世界では進捗状況や様子の確認のときによく聞かれますね。

“What’s going on with project A?”(プロジェクトAはどうなっている?)

日常会話でも、「こんにちは」の代わりに”What’s going on?!”と言うのをテレビや映画で観たことがある人も多いのではないでしょうか。

“What’s going on?”に対して”Nothing much”(なんともないよ)と答える人が多いですが、

実際今〜しているときには”I’m~””I’ve been~”と答えることもあります。

また語気を強めて、”What’s going on with you?”というと、

「どうしちゃったの?!正気?」といったニュアンスになり、軽い非難のようなニュアンスに。

自分の子供が言うことを聞かないときや、近しい人が通常通りではなく気が乱れているときによく耳にする表現です。

Dan Takahashi Youtube Channel

動画では、”What’s going on right now with the world of bonds?”

(債券の世界は今どうなっているのでしょうか?)というふうに使われています。

3. “tons of~” 5:21~

「たくさん」という意味で、”much”や”many”の代わりに使えると思えばいいと思います。

“I’m gonna make a ton of money when I grow up!”(大きくなったらたくさんお金を稼ぐんだ!)

“We’ll be holding a party just over there with a ton of food and drinks!”(すぐそこでたくさん食事や飲み物が用意されたパーティーを開催するよ!)

といった具合です。

“Thank you very much”を”Thank you tons”とは言わないので慣れる必要がありますが、

よく使われるので覚えておくといいと思います。

Dan Takahashi Youtube Channel

“Today I want to focus on government bonds. I talked about corporate bonds, municipal bonds, tons of different types of bonds.”

動画では、今日は(国債にフォーカスしたいと思います。社債、地方債、たくさんの債券がありますが)といったように使われていますね!

4. “whats the point” ~7:52

「〜はどういった意味があるのか」といったふうに使われます。

“Why?”(なんで?)と同じように”What’s the point”(どういう意味があるの?なんで大事なの?)と言う人が多いです。

単体でも使われて、しなきゃいけないけどしたくない時に、”what’s the point…”(する意味ないよ…)とぼそっと言う人もよくいました。

“What’s the point of investing?”(投資をする意味はなんでしょうか?)といったふうに、

「〜する意味はなんでしょうか?」というふうに使えます。

前々回に”Why should you~”を取りあげましたが、類似表現と考えてOKです。

Dan Takahashi Youtube Channel

“The last part of this video, why should you buy these bonds. What’s the point?”

動画では、(この動画の最後の部分ですが、債券をなぜ買うべきなのでしょうか。意味はなにか)というふうに”what’s the point”を付け足すことによって、文を強調しています。

5.”quick review” ~8:00

「簡単におさらいすると〜」という意味。

“In sum,””To sum up,”「結論としては〜」や”A quick reminder~”「〜を思い出して」なども、最後に結論として言ったり、

話してきた内容をさらっと振り返るときに使える便利な表現です。

Dan Takahashi Youtube Channel

“Guys just as a quick review, I recommend you divide your investment into long term and short term.”

動画では、「みなさん、簡単におさらいすると、あなたの投資(ポートフォリオを)長期と短期に分けることをおすすめします」といったように使われています。

次回は!Sharp Ratioを取りあげます

気づき始めている人もいるかと思いますが、紹介したフレーズが動画の他の部分でも登場したり、

今まで取りあげた3つの動画でも、

例えば”Why should you~”や”What’s the point”をダンさんはよく使っていますね!

英語もよく使われる表現にはパターンがあり、よく使われるのほど優先的に勉強してマスターしてしまうだけで効率よく英語力を上達させていけます。

週1だけでも継続こそ力なり。引き続き英語・投資力を伸ばし、世界を拡げましょう☺️

This image has an empty alt attribute; its file name is christine-roy-ir5MHI6rPg0-unsplash-1024x685.jpg
Image from Unsplash

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *