筆者がコロナの経済危機を乗り越えた小さな秘訣

Image from Unsplash

コロナと仕事の関係をみた時、うまくコロナと付き合うことを考えるしかないと思います。

実際、コロナが起きてくれたおかげで、本業がより強固になったと感じ始めているので、

今日は筆者がどうコロナと付き合っているかについて書きました。

まずは自分たちにコントロールできることに集中する

コロナで企業の様々な状況は目まぐるしく変わっています。

超優良企業だと思われていた企業が、想像できないような赤字決算を出していたり、

潰れてしまった…というケースも増えてきています。

みんな、基本的には自分のことで精一杯のはず。

ならば、自分としてもパニックにならずに自分にコントロールできることに集中すべきです。

仕事の清算をする

せっかくの休みの日になにも予定がなかったら何をしますか?

家でだらだらするもよしですが、ここで少し先の計画を立てたり、

部屋の片付けをするなりして自分の生活をリセットしたりできるかで、

日々の充実度が変わってきますよね!

僕も仕事の片付けをするのがいいのでは?と思います。

せっかく時間ができたのですから、

「この仕事は本当に自分のためになっているか」や「本質的にもっとよくできる方法ってないのかな?」

など、いつもなら忙しすぎて考えている暇のないことを検討してみたら良いと思います。

Image from Unsplash

僕の場合、コストカットが急務だったので、無駄に営業しに行くのを辞めました

コロナで接触しない方が好ましく受け取られやすいご時世でをあるので、必要時にはオンラインでのみ営業します。

よっぽどの理由があれば、Face to Faceで会いますが、コロナ前の20分の1くらいに減りました。

交通費も会議費用も移動時間もかからないのでコストカットに成功。

相手もオンラインの方が気軽という反応ももらえるようになってきて、

お互いにやり取りにかかる時間も節約でき、生産性が上がっているのを実感できるようになってきました。

読書の時間を大量に確保できたのが素敵すぎる…

今までは時間もなかなか取れないし、書籍代をケチって今ほど本を読んでいなかったのですが、

そんな過去の自分に「お前はあほだった」と心の底から言いたいです。

コロナ渦中は人生で一番勉強しましたし、特に本を読めました。

本にビジネスアイディアが隠れていたり、大事な視点、仕事への向き合い方が詰まっています。

仕事が減ってしまうのなら、こんなご時世でも仕事が減らない人材になるために積極的に投資するしかないです。

コロナで先行きが不透明だからとむやみに財布の引き締めをするだけでなく、

近い未来の自分のためになるものを見極めて、敢えて投資する勇気も必要だと学びました。

世界中のウェビナーにアクセス

コロナが起きてくれたおかげで、世界中の企業がFace to Faceのビジネスを辞めて、

オンラインの事業にシフトしています。

ウェブのセミナー=ウェビナーという用語ができるくらいになっています。

「ずっと気になっているけど、わざわざ移動の時間とお金を使ってまで参加するほどではない…」と放置していたセミナーが、

無料ウェビナーとして開催され、やっと受講できた嬉しい出来事がありました。

企業側からしても、オンライン開催なら会場費が浮くので無料公開してくれている場合がすごく多いです。

国内に限らず、特にシリコンバレーのウェブ系企業のセミナーは次世代戦略を学ぶのにすごく役立っています。

今朝受けていたのは
サンフランシスコの企業 Bufferのウェビナー

20~30代で仕事をしている人なら、フェイスブックやインスタグラムでセミナーの広告がでていると思います。

まずは無料のものから参加してみたら、そこから自分に合ったセミナーが見つかりやすいですよ!

事業で実際に行ったこと

Japan Delightsの開設

インバウンド向けのネットでの情報配信事業で広告で稼ぎ、

ローコストでそれなりの収益を得られるようになるのが起業したときに描いていたシナリオだったのですが、

コロナのおかげで崩壊しました(笑)

最近は少しPVが戻ってきましたが、需要は低迷したままでしばらくは広告収入が見込めません。

ブログ事業のランニングコストは毎月1万円ほどで、他の事業より圧倒的にローコストですが、

それでもコストはコストです。

売上が見込めないのなら、きついのに変わりはありませんよね!

そのため、「食品の輸出入をいずれはしたい」と思っていたので、

仕組みだけオンラインで作りました。

日本の出品者が日本の外国人向けに自社製品を売れるサービス、Japan Delightsです。

Japan Delights 公式ホームページ

日本のおいしい食品やおもしろいサービスを知り、買えるようになっていて、

いずれは海外にも出品できるようにシステムを作り込んでいきます。

日本の品質の高い商品販売に特化した、インバウンド向けのアマゾンのようなサービスです。

やっぱりどうしてもインバウンドが入ってこれないうちは、

徹底的にコストカットはしつつ、

終息した時の反動に応える準備に充てるのが良いと判断しました。

一方で、日本にいる外国人はちゃんといます。

その人たちのサポートになるような事業をと思い、

Japan Delightsに行き着きました。

SNS、動画コンテンツの配信

Image from Unsplash

コロナで思うように外出ができないのは世界中どこでも一緒で、

今までにないくらいのスピードでネットで時間を過ごす人が増えています。

そこで自分たちの存在=オンラインプレゼンスを高めるのは必須なので、

SNSや動画コンテンツの配信に力を入れています。

Instagramをスタート

インバウンド向けの情報配信をメインにしていくなら、日本の綺麗・おいしい写真の配信はマストですよね!

ひめくりカレンダーのように、なるべく日記感覚で撮影日と場所を明記した写真の投稿をすることで、

インバウンドの方に日本のどのタイミングにどこへ行けばどんな景色やおいしいものに出会えるのかを感じてもらおうと思い、

インスタに投稿を開始しました。

Helping Dragon Instagram

正直写真はあまり興味がないのと、SNSを面倒だと感じる人間なので苦戦中です。

カメラやSNSが好きな人材を探しつつ…(笑)

せっかくなんで楽しんでしばらくやってみようと思います。

SNS投稿管理サービスで効率化できる

でも実際写真やSNS投稿が好き・得意でも結構大変な作業なのは変わらないと思います。

BufferというSNSの投稿管理ツールを活用することで、ひとつひとつのSNSごとに投稿をすることなく、

Bufferの管理画面から一括で投稿や分析ができます。

これでだいぶ楽ではあります…

誰か写真・自然・グルメ好きでHelping Dragonを手伝っても良いよ!って方がいたら、メッセージお待ちしています!

Youtubeも月1〜更新

5Gの台頭で、動画コンテンツも今後伸びると言われていますよね!

Helping Dragonでも動画をいよいよ更新していこうと動画を制作中です。

Helping Dragon Youtube Channel

紅葉の時期にはドローンで空撮もしつつ、北海道の綺麗な景色動画を撮影したので、

現在動画コンテンツ制作中…

日本の自然や景勝地の動画をメインに、応援したいお店の紹介動画もアップしていく予定です。

まずは月1配信…

これまた動画制作が好きというそこのあなた!Helping Dragonにお声がけをお願いします(笑)

自分たちがどう捉えるかが大事

始めの話に戻るのですが、自分でコントロールできることに集中すべきだと思います。

生きていれば起きてしまうことは起きてしまいます。

もうこれはどうしようもないですし、

よく人生の先輩たちに「なるようにしかならん」と言われたものです。

ただ、自分たちが日々起きる困難をどう捉えて活かすかは本当に自分次第で

その捉え方の違いが結果を変えると思います。

仕事柄いろんな経営者の方と話しますが、

なにも行動を起こさないでコロナの終息を待っている人もいれば、

コロナを活かして事業を進化させようと頑張っている人もいます。

今この瞬間にできる自分のベストの選択をすることが大事だと思います。

スタバで働いていた時、ある程度仕事を覚えてきたときに、

先輩にもらった言葉が、

“これからは、Be a dancer!”(ダンサーであれ)

毎回違うお客さんが流れてきます。

そういったときに常に同じであるのではなく、

「ダンスをするように、その時々の変化を楽しみながら仕事をしてくれ」

という意味だったそうです。

これからもダンサーであることを忘れないでいたいものです^^

Image from Unsplash

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.