Google Mapの口コミを頑張っている理由

Image from Unsplash

「Google Mapの口コミ書いてなにかメリットあるの?」

と思ったことありませんか?

今日は筆者が口コミをせっせと書く理由を書きました。

Google Mapsでトップローカルガイドになりました!

Google Mapsで目的地への経路を検索しながら、口コミを見て参考にする方も多いと思いますが、この度グーグルからトップローカルガイドになったとメールが入りました!

なんでGoogle Mapsの口コミ投稿?

そもそもこの投稿を始めたのは、2018年の10月頃です。


「なんでみんなGoogle マップにこんなに口コミを報酬なしでも書くんだろう…投稿してたらいいことあるのかな?」

という、ふと生じた素朴な疑問への答えを知るために始めたのがきっかけです。


「どうせやるなら自分の情報が読まれて役立ってほしいな」という気持ちと、

「ただてきとうにやっても続かないかも」

と思ったので、少し工夫してみることにしたんです。


日本では既に日本語の口コミがあふれているので、日本滞在中の外国人に有益な情報になるよう、英語で投稿することにしました。

また、「困っている外国人に役立ちそうな情報になること」を心がけて写真と口コミを投稿するようにしました。


ボランティア感覚で投稿してみていたのですが、みるみる再生数が伸びてきて、グーグルからお褒めのメールが届くようになりました!


最近は口コミ力が評価されてきているようで、僕の画像や投稿が上位表示されるようになってきました。

(ここは僕が大好きな靴屋なのですが、以前はトップ画像は僕のではありませんでした。今は僕の写真に変わっていました!)

また、カリフォルニアに住んでいる母親が「Sapporo restaurant」とGoogle Mapsで検索をすると、母のスマホはもちろん英語設定になっているので、「Most Relevant」(=あなたに一番合いそうな投稿)として僕の口コミが上位ヒットしたそうです!

グーグルパワーって凄まじい!

しかも事業者も検索者もお無料で利用できるサービスです。


一回投稿してしまえば永遠に閲覧され続けます。


こんなに素晴らしいPR方法はないと思いますし、活用しない手はないですよね!

投稿者にはどんなメリットが?

「投稿者にとってのメリットはなにかあるの?」と思う方も多いのではないでしょうか。


現時点のメリットは、ローカルガイドの集いを立ち上げて同じ志の人と交流ができたり、グーグルが開催するイベントに招待されたりいるくらいです。


結果、口コミをして報酬が出るかといえば、今のところ出ていません。


謎めいたグーグルポイントが積み重なっています(笑)

良い口コミを投稿していると人と繋がれる

自分の住まいの周りの口コミ情報を投稿しているとそのうちローカルガイドという認定が付与されます。

投稿数や(ある程度は投稿の質)が増えていくごとにポイントが加算され、レベルが上がります。

レベルが上がっていくと、そのレベルに合わせてバッジが付与され、口コミ投稿の左上の自分のアカウント名に表示されるので、ひと目でGoogleに認定されている口コミ投稿者だとわかります。

口コミを探しているときに、良い口コミを書いているアカウントがあれば、そのアカウント名をクリックすることで、そのアカウントの他の口コミも見ることができます。

そのアカウントにはプロフィールを書いておけるので、自分や自分の事業の宣伝もできます。

「良い口コミを書いている」と思ったということはそのアカウントで書かれている他の口コミも検索者にとって有益である可能性が高いということです。

口コミをしている側からすれば、その口コミが閲覧されることで、自分の口コミ力やPR力の宣伝にもなります。

また、他のローカルガイドたちとつながり、自分の成長の場を設けることができるのも魅力です。

Google本社に招待される可能性あり


でも実は、成績優秀者は世界中から200名のローカルガイドがシリコンバレーのグーグル本社で開催される集会に応募する資格が与えられます

この参加条件には「英語でコミュニケーションができること」と書いてあり、英語で投稿をしているから届く招待状ということなのかもしれません。

Image from Unsplash

日本語の口コミ投稿を積み重ねた人は、六本木に招待されているようです。


こちらは現地への渡航費、滞在中の宿泊費と食費はグーグル負担です


そして僕の憶測にすぎませんが、おそらくその中の優秀者はGoogleがGoogle Map関連の仕事がオファーされるのではとも思っています。


すごくアメリカっぽく、合理的な採用方法だと思うんです。

  • まず、タダでもやっていいよって思うような熱意がある人が勝手に仕事=投稿をしてみてくれる。
  • Googleはしっかりモニタリングして成績優秀者はしっかり評価する
  • 閲覧データをフィードバックし、ポイントの付与や良い投稿にするコツも教えてくれる
  • 成績優秀者にだけとびっきりのご褒美を提供し継続してもらう=イベントへの招待
  • 本社に招待して、実際Face to Faceで関わってみて、良さそうな人材には希望があれば雇用契約を結ぶ
  • 世界のタレントを低コストで探し、ITを駆使して効率的&生産性高く働いてもらう

といった具合です。


また、仕事上の契約がまったく結ばれなかったとしても、

世界中から集まった成績上位のクチコミ投稿者と切磋琢磨できる環境を得られるだけで自己成長と能力開発になりますし、


投稿をしてフィードバックがあることで、どういう写真や動画、口コミを書くと閲覧されやすいか、傾向がわかってきました。


この知識と能力を活かして、PR事業につなげられると僕は思っています。


まだまだ技術は磨けると思うので、引き続きGoogleの口コミ投票に力を注いでいきます!


そして、2021年の10月に開催予定の次回のGoogle Eventに参加資格を得られるよう、全力で取り組んでいきたいと思います!

Googleに貢献しておいて悪いことはない

また、「報酬なしでも質の高い情報をGoogleに提供しておいたら将来に役立つ」とも思っています。

最近では何かをググると、検索上位の記事をクリックしなくてもググった内容の大まかな答えが一番上に表示されるようになってきました。

Googleがたくさんあがってくるコンテンツから、質の高い物を抽出して組み合わせ、解を提供してくれるってことですよね。

Google Mapもそうなるのではないでしょうか。

閲覧数が多かったり、役立ったと押してある口コミを組み合わせて、まとめ情報をGoogleが提供します。

そのまとめ情報に入ってくる情報提供者にはGoogleの世界でなんらかのメリットが発生されると思っています。

この辺の情報は、シリコンバレーにいる友人や知人を通して調べてみようと思っています。

Googleがどんな世界を目指しているのか、少し怖い気もするしワクワクもします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *