北海道に移住してよかったこと③気候

コロナでリモートワークが活発になっていて、住む場所に捉われない働き方ができる世の中に変化してきています。

リモートワーカーには北海道に住むのがオススメ。

リモートワーカーになって8年目の、世界中の都市に住んだことがある僕が「北海道に実際住んでみてよかったこと」について書いていこうと思います。

今日は北海道の気候のよさについてです!

北海道の気候は本当にいい!

僕が一番好きなシーズンは夏です。

からっと晴れて、

30度を超えることはめったにありません。

8月の上旬に2〜3日、30度超えをすることが多いのですが、お盆明けはすっかり秋の空気。

窓全開で車を走らせ、海をみに行けば身体も気分も涼しく過ごせます。

僕は大学生活は京都で送ったのですが、

京都の寺社仏閣と紅葉のセットがすごく好きでした。

北海道は寺社仏閣のような日本の文化的な景観はないものの、

大自然の紅葉は日本離れしていて、

本当に美しいです。

北海道の面積は広大で自然も多いため、なかなかまわりきれず、見所がとても多いです!

仕事のパフォーマンスが下がりにくい

それでも30度超えをすると頭がぼーっとして、仕事がはかどらなくなります。

クーラーに頼らずとも快適に過ごせるのは、仕事や健康にすごく重要です。

Image from Unsplash

夏はキャンプ、アウトドアスポーツ、ドライブなど、外に出かける人が多いです。

自然が好きなひとにとってはたまらない場所だと思います。

ストレスが少ない生活ができるので、「仕事のパフォーマンスも道外にいたときより向上した」と感じています。

ガッツリ働いてガッツリ休むライフスタイルも

日本の他の地域と比べ、観光業と農業に就く人の割合が多い北海道ではハイシーズンとローシーズンがはっきり分かれています。

ニセコに住んでいる時に初めて(日本で)経験したのですが、観光業に従事している事業者さんは一年分を冬だけで稼いでしまって、残りの季節はゆっくりしたり、海外に遊びに行ったり、他の地域でスキルをつけに行ったりする働き方をしている人が多いのに気づきました。

日本で一般的にいう春と秋は北海道ではローシーズンにあたるので、働かないでゆっくりしている人は意外といます。

逆に農家さんは冬は農業がしにくいので、休んでしまってウィンタースポーツを思いっきり楽しんだり、道外に行ったりする人がいます。

ニセコでは農家さんは冬にタクシーの運転手をしたり、クリーナーの仕事をして稼ぐ人もいます。

それぞれが「どれくらい稼ぎたいか」によって、働く量を調整しやすいと思います。

冬も意外と暖かく過ごせる

北海道移住に失敗する人も結構いるようです。

想像したより寒い…というのはあるあるですし、

「北海道に住んでみたいけど、冬寒いのは嫌!」と検討もしない人も多いですよね。

でも北海道の冬は気温こそ極寒ですが、建物の中は暖房をたきまくるので暑いくらいです。

札幌のような都心に住んでいない限りは、車は必需品に近く、所有者は多いです。

そのため、外にいる時間があまりなく、意外と暖かく過ごせます。

慣れる時間は必要

僕はニセコで一軒家に住んでいたのですが、

木造の家は寒いし、雪かきも恐ろしいほど大変でした。

初めて北海道に住む人は、木造ではなく鉄筋のマンションにしたほうがいいです。

良いマンションならロードヒーティングが駐車場にも入っていて、車の雪をはらうだけで雪は勝手にとけていきます。

また、ロードヒーティングが入っていなくても、マンションに住んでいれば除雪は管理会社がやってくれる場合がほとんどです。

気をつけないといけないのは、日照量が極端に減ることです。

他の地域に比べても、冬の日照量不足による気分の落ち込みはあるのかなと思います。

僕は一年中ずーっと晴れている外国で育ったので、やはり冬が進むにつれて少しずつ気分が滅入ってくるのはあります。

でも北海道の人は総じてとにかく元気がいいですし、寒いからこそそれを活かした遊びで楽しんでいると思います。

ガス抜きにウィンタースポーツを楽しんだり、暖かい地域に飛んだりしてリフレッシュする余裕はもったほうがいいかもしれないですね!

好きなことをして生きるためのロードマップ

このウェブサイトでは「好きなことをして自分らしく生きる」方法をロードマップにして解説しています。

Image from Unsplash

20代の時の僕も生き方にかなり悩みました。

正しい捉え方やスタンスが分かれば、好きなことをして生きることは難しいことではないことを知り、1人でも多くの「悩める若者」が減って、ハッピーな人生を送ってくれればと思っています。

今日はロードマップのStep 1の「好きなことを見つける」の例として、僕が北海道の気候に魅せられた話をしました!

少しでも読者の方が「自分のすきなことって〇〇かも」と見つかる参考になれば嬉しいです!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *