コロナを乗り切るための考え方について

このウェブサイトは自分らしく、好きなことや得意なことを仕事にしながらストレスフリーな人生を送るサポートをすることを目的にしています。

Image by Unsplash

コロナで倒産する企業が激増し、業績も著しく悪化している企業ばかりになっています。

経営者の方は経営難に悩まされているでしょうし、会社員の方もボーナスが支給されなかったり、このままで大丈夫か…と不安になる方も多いと思います。

今回はコロナをポジティブに捉え、日々なにを積み上げればこの危機を乗り越えられるかについて話します。

ピンチは最大のチャンス

悲観していても仕方がありません。

コロナで状況が悪化しているのは、より強くなるための挑戦だと思うといいです。

いまのうちに徹底的に無駄を省き、未来のために投資をして種まきをしましょう。

そうすれば、コロナが収束したときいままでより大きく成長した自分が待っています。

とにかく固定費を下げましょう。

まずは生き残らないといけません。

経営者なら会社の経営をもちこたえること。

個人なら生活できることが前提です。

いままで当たり前のように出て行ってしまっていっていたお金が本当に自分にとって必須なのかを判断しましょう。

ケチケチするとストレスがたまるので、大きめの支出を下げることを努力するのはオススメです。

「必要でも必須ではない」場合、思い切って切ってみていいです。

もし、「ただ必要ではないだけで必須だった」とわかれば戻せばいいだけです。

洗い出すのに、紙にとにかくいろいろと書いていくと整理しやすいです。

Image by Unsplash

大事なのは試行錯誤をすること。

仕事柄経営者さんと接することが多いのですが、いまだからこそおもしろいことをやってやる!と言う人もいれば、

コロナが収束すれば大丈夫となにもしない人と2パターンいます。

確実に強いのは前者です。

この状況を楽しむスタンスを持たなければ、次のハードルがきたときにストレスすることになります。

大事なのは、「いまなにができるか」です!

いまだからこそ積極的な投資も必要

「なんのために貯金をするのか」を考えたら、

有事のときの備えなのではないでしょうか。

いまはその有事であると言えます。

ここまで企業の業績が悪化し、先が不透明な出来事はなかなか起きません。

Image by Unsplash

だからこそ、貯金をある程度でも崩してでも、

自分にしっかり投資するべきです。

仕事が減って時間ができているのなら、

勉強したり、趣味を極めたり、前向きなことに使いましょう。

確実に自分に戻ってきます。

仕事がないのに慌ててても意味がありません。

ぜひいまの強みを伸ばすことや、リラックスすること、モチベーションを上げるようなことに積極的にお金と時間を使いましょう。

僕もパニック→バージョンアップしました

偉そうなことを言っているように聞こえるかもしれないですが、恥ずかしながら僕もコロナでしばらく大パニックに陥った1人です。

長年準備を進めた事業を「これならうまくいく!」と確信できるまで磨き上げ、

インバウンド事業を始めることにし、

今年(2020年)に会社も立ち上げました。

しかし、蓋をあけてみればちょうどコロナの感染者が激増し、

予定していた仕事が全部なくなりました。

インバウンドは今一番打撃を受けている業種のひとつですよね。

Image by Unsplash

「どうしよう…これは予想外すぎる」と1ヶ月ほどは思考停止していました。

保険として持っていた宅配業をこなしながら不安と向き合っていたのですが、

ある日、「方向性を変えればいいのでは?」と気づきました。

どんなときにも柔軟に対応する

僕の場合、インターネットの活用を強みにしています。

事業者さんのコンサルをしていましたが、事業者さんもパニックしていてなかなか話がすすみません。

ならば、自分だけでも淡々と進められるウェブサイト運営や投資に重点をシフトすることで、

安定した収益がうめるようになりました。

今回のコロナが、僕に「もっといい仕事の仕方があるんじゃない?」と問いかけてくれたのかもな。

と思っています。

Image by Unsplash

いまできることをやってみよう

この状況を楽しむのはなかなか難しいことです。

でも結果を安定してあげている人はどんなことが起きても柔軟に対応できる人たちです。

状況がかわっているのだから、それにうまく順応して、少しやり方を変えてでも「いま世の中のためにできる最高のことはなんだろう?」と考えて行動してみるのが大事。

「こういうときだからこそできることはなんだろう?」

「どんなスキルを身につければ、有事にもパニックにならずにすむだろう?」

「ずっとやってみたかったことはなんだろう?」

そんな問いかけを自分にし、いままでの習慣や日常を見直すいい機会にしてみてください^^

Image by Unsplash

次回は!

コロナの第2波ともいえる状況が続いているなか、今回は「いまできることを考える」ことについて書いてきました。

次回は「アフターコロナ」について、どんな世の中になっていて、どんな準備をいま進めればよさそうかについて考えてみたいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.