11月の株式投資成績を公開!結果は…?

株式投資で資産を形成
Image from Unsplash

株式投資を始めている人が増えていますが、継続して結果を残すのが非常に難しいのが現実。

高校生から投資を始め、2020年から本格的に投資に力を入れ始めた筆者の11月の成績と学びポイントを公開します。

*あくまでの自分の投資結果を公開して参考にしてもらうための情報公開で、投資勧誘や特定銘柄への投資を推奨するものではありません。

2020年11月の株式投資結果!

まず今月の収支です!

+33,200円!

レーザーテックを長いこと待って利益がでたものの、日経の空売りは思いのほか上昇し続けてしまいました…空売り大失敗。

11月を振り返ろうと思います!

11月に売買した投資銘柄と学んだこと

投資額が大きかった銘柄は以下の通り。

  • レーザーテック
  • マザーズコア上場投信と日経レバ
  • 日産
  • ENEOS
  • 丸紅

レーザーテックがようやく+転で利確。

今月は長いこと含み損で保有し続けたレーザーテックがようやく上昇し利確できました。

一時は-10万ほどの含み損になっていましたが、3ヶ月ほどを経てようやく含み益になり、約5万円の利益で売却できました。

しっかり上がって上昇トレンドに乗っていても、

また下がるかもしれないという恐怖が芽生えてしまいます。

さっさと損切りを重ねながら含み益の銘柄を保有し続け、上昇トレンドの終わりを見極めながら売却すべきなのに、

どうしても逆をしてしまいがちに。

急騰後の下げでびびって利確し、そのあとの上昇を見るだけになってしまいましたが、

仕方ないです。投資には「頭と尻尾はくれてやれ」という格言があります。

この辺は徐々にメンタルを鍛えながら、「なるべく損失は少なく、なるべく利益は多く」を達成できるようになるしかないです。

日経と日産の空売りは両方とも大失敗

11月は日経平均やマザーズがあまりにも移動平均線から乖離していくのを見て、

日経レバとマザーズコア上場投信をボリンジャーバンドを参考に空売りしていましたが、見事に踏み上げられました。

僕は高橋ダンさんの投資Youtubeを参考にしていて、

ボリンジャーバンドを使いながらこのトレードを試みました。

ダンさんは「ボリンジャーバンドは出口に使うべきであって、入り口に使うべきではない」と述べていて、

要するに利確の売却タイミングを見極めるのには効果的だけど、買い付けのタイミングには使わない方が良いと言っています。

今回の場合だと、日経や日産が急騰してボリンジャーバンドを突破した時、出口=利確には良い指標だけど、

入り口=空売りではないということになるのですが、

僕はその教えを無視して空売りしました(笑)

結果、ダンさんの言う通り、入り口としては役に立ちませんでした(笑)

僕はボリンジャーを突破してRSIが80超えしているのを見て空売りをしましたが、その後も上昇。

その後下げかかっても、しっかりサポートの買い圧力があり、

下げ渋ってしまって、結局は怖さから空売りしていた人が買い戻しを行い、株価が高止まりしていました。

僕も一部は損切りをし、一部は含み損で抱えたままです。

タイミングを間違えただけで、必ず乖離している日経が移動平均線に向かって下げ始める時は必ずくると思うので、

半分は損切りして、もう半分は様子を見ることにしました。

株も必ず下がる時がくる
Image from Unsplash

日産も同様で、

日産の財務がボロボロなのも手伝って空売りしましたが、

そのひどいファンダメンタルの要素に相反しての急騰に損を重ねてしまいました。

ムキになってしまうというか、もうこれ以上は上げないだろうと追加空売りしてナンピンをしたら、

翌日はさらに上げる、痛い経験をしました。

実は何ヶ月か前にも日産の空売りで同じような経験をしていまして、

「学ばないな…」とがっくりしつつ、前回も諦めて損切りした数日後から株価が爆下げしたので、

株価の上下に財務・ファンダメンタルはしっかり関係していて、

時間差になってもしっかり反映されてくると信じて含み損で持ち続けています。

早い損切り+長い含み益保持=成功なのは分かってるけど…

どの投資本を読んでも含み損を持って耐え続けろとは買いていないので、

おそらく投資で勝つための王道ではないのは確かです。

一方で、レーザーテックの時みたいにファンダメンタルがしっかりしているのであれば、

また上がると持ち続けて結果が出るのであれば、不正解ではないってことですよね。

というのも、損切り設定をすると9割以上の確率で約定してしまい、

いくら少ない金額の損失に済んでいるとはいえ損は損で、

これをずっと続けてたらいつかお金なくなる…という気持ちになってきます。

そんな葛藤をしていると、損切りのタイミングを逃してかなりの含み損になってしまい、

それだったらまた上がってくるまで持ち続けるという選択をすることになり、

セオリー本からすると負のループに入ってしまっています。

投資成績は失敗→検証→修正を繰り返すことで精度が上がる
Image from Unsplash

入り口のタイミングの精度を上げないといけない

また、そもそも買うタイミングや売るタイミングの精度が悪いという根本的な問題もあって、

そこは失敗を重ね、分析を経て様々なツールの活用方法を学び、

失敗→検証→修正→少し成功→失敗→検証→修正→もう少し成功と、

少しずつ勝てる自分なりの投資法を確立していかないといけないのだと思います。

投資を本格的に始めた時に毎月20万ほど利益を出していましたが、

ビギナーズラックではないですが、しっかり投資の勉強を深めないといつか大損を被る可能性に危機感を感じて本を読み漁るようになり、

失敗を重ねながらなぜか利益が出ない時期を繰り返しながらも、

「少しずつ負けない投資を身に付けられているかも?」とは感じています。

LINE証券にて長期投資も実践中です

LINE証券での長期投資がオススメ

僕のトレードはデイトレード〜数ヶ月の短期がメインですが、

LINE証券にて長期投資もしています。

ウォール街で活躍していた高橋ダンさんのYoutubeチャンネルを参考にしていて、

短期投資と長期投資を両方することの大切さに同意していて、

僕の場合は短期投資の方が金額が圧倒的に多いですが、短期と長期を分けて投資しています。

LINEのクレカで稼いだポイントを全額投資へ

Visa LINE PAYカードを使うと還元率が3%でLINEポイントが貯まっていくので、

月平均3,000円分ほどをLINE証券で運用しています。

(Visa LINE PAYカードを知らない人は作った方が良いと思います!)

ポイントを投資にまわしているだけで実質お金がかかっていないので、良いシステムかと。

試しにポイントだけで運用してみていましたが、

徐々にリアルマネーも投入して長期投資を本格化しようと思っています。

以前にLINE証券のレビューも買いたのでよければ。

最近カプコンを利確し、KDDI、三菱UFJ、オリックス、ENEOS、伊藤忠、三菱商事、三井物産を1株〜買い進めています。

コロナでかなり下がったバリュー株ばかりで、配当利回りもかなり高くなっているので、

下げたら買いまして、損切りはしません。

下がるようなら買い増し+放置で配当で稼ぐ戦略ですね。

毎月、投資結果を振り返ります

コロナ相場の到来で株式投資に興味をもった人も多いと思うので、

自分の成功体験だけでなく、失敗談も折り込みながら

情報公開していこうと思います。

自分も含め、日本人の投資リテラシーが上がることに願いをこめて!

少しでも自分の投資経験が良い情報になれば嬉しいです!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.