Helping Dragonの今後の歩み

Image from Unsplash

事業展開は登山と似ていて山頂・目指すことがはっきりしていれば、あとは事業展開・登山ルートを登っていくだけ。

今日はHelping Dragonのゴールと、そこに行き着くためのステップである各事業の展開についてまとめました。

Helping Dragonは主に2つの事業を展開。

インバウンド・サポート事業

Image from Unsplash

立命館大学在学中、訪日観光客に対しボランティアで京都案内をするサークル、Good Samaritan Clubに在籍。その時に、日本を観光している訪日観光客が特に言語の壁で日本の魅力を100%体験できていないことを目の当たりにしました。

インバウンド事業は大学生の時からあたためていた事業で、卒業後シンガポールの金融機関、通訳、ライターなどを経て創業。

創業者が大好きで居住している北海道の情報を中心に配信。外国人観光客に対し、日本での観光マナーの啓蒙も意識しており、訪問側と受け入れ側の間に立てる存在を目指しています。

今後京都、福岡、東北なども加え、ローカルでありながら海外の視点もあるメディアチームが英語で日本のPR情報を週1で配信します。

Podcast・Youtube事業

記事配信に加え、音声や動画を使った日本のPRコンテンツも2020年秋〜配信予定です。

レンタカー

北海道は大まかに冬と夏で季節がはっきり分かれていて、その特異な季節を目当てに長期滞在する旅行者が多いのが特徴。

長期でレンタカーを借りる需要があることから、レンタカー事業を2020年秋〜開始します。

商社(日本の食品・種類をオンライン販売)

北海道のニセコを中心に赤井川のキロロ、富良野でも年々外国人富裕層の滞在者数が増加しています。

まだまだ地元民と言語の壁もあるなか、滞在中の衣食住を提供するECサイトの開設を現在準備中。

2020年12月〜開始予定。

ライフワーク・プランニング事業

Image from Unsplash

1人でも多くの日本人に自分らしい働き方・生き方につながるライフ・ワークを見つけて欲しいーーー。

悩める若者や自殺者が後を絶たない日本の現状をふまえ、辛い状況をかわし、自分らしく生きる方法を見つけるカウンセリング事業を推進します。

その前段階としてしていることがHelping Dragonでの記事配信。

実際カウンセリングするこのウェブサイトの運営者がどういった人間なのかを知ってもらえたらと思って記事を更新しています。

Helping Dragonで「自分らしく生きるためのロードマップ」を公開・更新中。

Image from Unsplash

まだまだ日本では「自分らしく生きる」考え方が広まっていないと思います。

運営者は帰国子女であり、海外に住んだり働いたりした経験があることから、

海外経験を共有しながら。「自分らしく生きる人が増える」ための活動をしていきます。

そのために役立つ、英語の学習方法、海外の人材の考え方、自分らしく生きるのに役立ちそうな情報も配信。

100記事までは毎日更新を続けます。

現在9/16時点でちょうど50記事に到達し、折り返し地点。

100記事公開後は、あがっている記事の質を上げるリライトをするとともに、

閲覧上位記事に関連した記事を追加で配信していく予定です。

今後数年間で力を入れるのは車中泊旅とドローン撮影

創業者は大の旅行好きで、時間を見つけては車中泊旅を楽しんでいます。

車中泊旅は日本人にも外国人にも需要が高まっていて、これらの情報を配信すべく、

創業者の体験をコンテンツにおこして配信していきます。

車中泊グッズやアウトドアグッズの販売もスタートしますので、お楽しみに。

車中泊旅は数年をかけて全国を制覇する予定。

日程はこのようになっています。

  • 2020年10月 北海道の紅葉を撮影
  • 2020年〜2021年にかけての冬季期間 北海道のスキーリゾートを体験
  • 2021年4月 北海道函館の桜撮影
  • 2021年5月 京都でお茶摘み体験を撮影
  • 2021年8月 宮島花火大会、しまなみ街道の撮影
  • 2021年10月 北海道の秋を撮影
  • 2021年11月 東北の紅葉を撮影
  • 2021年12月 福岡に事務所開設
  • 2022年春 九州の撮影
  • 2022年初夏 関西の撮影
  • 2022年夏 信州の撮影
  • 2022年秋 信州から京都を撮影
  • 2022年冬北海道と九州に滞在
  • 2023年 沖縄を撮影、日本制覇!
  • 2023年フランス進出

綺麗な景色や日本の文化的な魅力、季節ごとの魅力を本に詰め込み、英語で出版予定です。

商社事業

Image from Unsplash

上記にもありますが、ECサイトを開設して、日本のおいしい物を外国人が買えるオンラインショッピング事業を始めます。

その延長で、創業者が大好きなグルメ国フランスと、日本のおいしい食品や飲料を輸出入する事業を推進する予定。

需要を見極めながら、創業者のルーツにある米サンフランシスコや、シンガポールでも事業展開を拡大する可能性があります。

最終地点:投資事業

Image from Unsplash

Helping Dragonが行き着く最終ステップは投資事業です。

筆者が育ったサンフランシスコではエンジェル投資が盛んで、筆者もたくさんの良い影響を受けました。

未来の可能性を担う事業を発掘し、出資しながら事業プロジェクトに関わっていきます。

不動産事業をはじめ、スタートアップ支援、人材開発など未来のためになることに積極的に関与していこうと考えています。

Helping Dragonとは

創業者がこのブランドをつくったのはなぜなのか。

創業者の本名の龍介からきています。

生まれた時に父が「龍のように強く、人を助ける人間になってほしい」と願いを込めて龍介と名付けたそうです。

なので、Helping Dragonです。

Helping Dragonはたくさんの事業を推進していく予定があり、「本当にこんなにできるの?」と思う人もいるかもしれません。

でもしっかりと全部つながっていますし、共通点もあります。

その共通点はすべての事業が「Helping Dragonを強くし、人を助ける」ことにつながることです。

事業内容は変化していくかもしれません

まだまだ予定でしかない事業もたくさんありますが、

良いチームに恵まれていることもあり、達成までのロードマップは着実に形になっています。

なるべく世の中の多くの人に、「自分がワクワクすること」や「得意とすること」で貢献していければと思っていますので、今後ともHelping Dragonをよろしくお願い申しあげます!