【一石二鳥】Youtubeで投資と英語の勉強が叶う、高橋ダンさんの英語動画の解説!

Image from Unsplash

このウェブサイトでは「投資をすること」と「英語を勉強すること」が自由度が高い生き方につながると推奨しています。

でも投資ってどう始めたらいいかわからない…

そんな人には高橋ダンさんの投資Youtubeチャンネルがおすすめ。

ウォール街で培った知識が身につくだけでなく、英語も勉強になる一石二鳥なYoutubeチャンネルの動画の英語解説をしました。

高橋ダンさんのYoutubeチャンネルは本当に役に立つ!

まず高橋ダンさんって誰?

高橋ダンさんYoutube Channel

東京生まれ日本国籍のハーフで、米国の名門大学、コーネルを卒業。12歳で投資を始め、19歳でウォール街のメガ金融機関にインターンシップ従事。26歳でヘッジファンド立ち上げ、30歳で売却。6ヵ国に住み、約60ヵ国を旅した後、東京に移住し、現在起業家、投資家、メディアコメンテーターとして活躍。運営する全SNSの累計フォロワーは1年未満で38万人に。

動画を視聴していれば分かると思いますが、情熱に溢れていてパワフルな方です。

僕の2、3個年上?

日本生まれ、アメリカ育ちなのは僕と同じで、それもありダンさんの話はすっと入ってきます。

日本の人にも参考になる考え方も多いと思うので、フォローすごくオススメです!

投資の勉強になります

僕は高校生の時から株式投資をしていました。

損するのが嫌なので、手堅く投資すると、勝率は100%でかなり儲けてきました。

でもどこかで「ビギナーズラックなんだろうな。調子にのればただのギャンブルになる」と本格的に投資をすることはなかった。

高橋ダンさんのYoutubeチャンネルを観て、「ちゃんと勉強を重ねて、正しい分析をすれば個人投資家でも安定して利益を出せる」ことを確信できました。

Image from Unsplash

ダンさんは企業の情報はいまの世の中では出回り尽くしていて、株価の変動予測にはあまり役立たない、むしろ株価の動きを表しているチャートの分析で利益を出す精度をあげられると言っています。

そのチャートの分析に使うツールであるMACDやRSIなどの使い方を解説してくれているので、これは身につけて損はないです!

良い英語の勉強にもなる

ダンさんは日本語チャンネルと英語チャンネルを持っていて、

もちろん英語チャンネルは英語圏の人向けをメインターゲットにしていますが、

動画の内容はふたつとも同じです。

この英語チャンネルの動画を「日本人もこの英語の動画を視聴していれば、英語が伸びるよー」と宣伝しています。

結論からいうと、絶対伸びます。

Image from Unsplash

日本語で内容をしっかり理解したうえで、英語字幕つきの英語動画を視聴する。

特に英語字幕を読むことに集中する。

これをしているだけで、時間はそれなりにかかれど

確実に英語が聞きとれるようになり、

英語が聞き取れるようになると話せるようになる土台にもなります。

断言します。僕も同じようなことをして英語を上達させたので、一定期間こなしてみるのをオススメします。

動画に出てくるフレーズをワンポイント解説します

このウェブサイトでも「投資を始める」ことと「英語を勉強する」重要性について発信しているので、

「ダンさんの動画で英語を学ぶ助けになれたらいいな」と思い立ちました。

ダンさんが「誰にでも有益」と宣伝している動画が5つほどあるので、

それに絞ってよくでてきて便利なフレーズを解説していきたいと思います。

*ダンさんは動画を流し読みしているだけでそのうち聞き取れるようになると言っていて、

それは正しいと思います。

でももちろん、動画を観ながら停止して、「んっ?いまのどういう意味だ?なんて言ったんだ?聞き取れなかったからもう一回!」

といったように、動画にコミットすればするほど、上達も早いので下記の内容を参考に使ってみてください。

配信は毎週日曜日を予定しています。

1本目の動画:”How to Create a Long Term Investment Portfolio?”

ダンさんが投資を行ううえで、どのくらいを長期投資にまわし、どのくらいを短期にまわしているかについて解説している動画です。

書くと少し小難しいかもしれませんが、動画のポイントとしては以下の通り。

  • アメリカの主要株で構成されるS&P500のETFは平均で年率8%の利益が出る。毎月176USDをS&Pに投資すれば20年、毎月110USDの投資なら25年で100,000USD(1ドル105円換算すると1050万円)を貯められる
  • 毎月の余剰資金は投資にまわすことにしていて、40-60%を株、社債、Fx、不動産などに長期投資、10-30%を現金と国債、20-40%を貴金属や仮想通貨、エネルギー、農産物などのコモディティと、動きがあるホットな投資対象に短期投資している。
  • Sharp Ratio(とったリスクに対しリターンがどれくらいあったかを示す、投資効率を示す指標)を上げるために長期だけではなく短期投資も組み入れるのが望ましい。
  • ポートフォリオのパフォーマンスに応じて、利益確定と買い増しを定期的に行い、投資比率を一定に保つ。(ダンさんはライオン戦略の一部と呼んでいる)

動画ではより詳細に語られているので、ただポイントを読むよりぐっと分かりやすいはずです。

What percentage should you put your A ~ to 0分12秒

“What percentage should you put into~?”

「何%を〜に置くべきか?」といった意味です。

この場合は後からダンさんが~何%を株式に何%を国債にといったように%で答えているので、

“What percentage should you”が使われていますが

“How much should you put into~”でもOKです。

より広い意味で使えるのが”How much should you put into~”なので

こっちも覚えておくといいと思います。

“How much money do you need?”(どのくらいお金が必要?)

“How many lunch meals should I make?”(ランチを何人前つくればいい?)

のように、

どのくらい〜といった表現は

How much~かHow many~を使いますよね。

ちなみに、muchはuncountable noun(数えられない名詞に使う)

manyはcountable noun(数えられる名詞に使う)です。

ちょっと日本人からしたら分かりにくいですが、

例えば水は数えられないと考えます。

“How much water do you want?”(どのくらい水がいる?)

といった言い方をする人が多い。

逆に水をどのくらいを単位を使って表現するなら、

“How many liters of water do you need?”(水何リットルいりますか?)

“How many bottles of water would you like?”(水何ボトルいりますか?)

と言った風に使い分けます。

動画の冒頭で何度も繰り返し出てくるので、印象に残りやすいですね!

  • “What percentage should you put your money into stocks?”
  • “What percentage should you put into bonds?”
  • “What percentage should you put into cash?”
  • 「自分のお金の何%を株式に置くべきでしょうか」
  • 「自分のお金の何%を国債に置くべきでしょうか」
  • 「自分のお金の何%を現金に置くべきでしょうか」

国債のところからyour moneyが抜けているのは、もう始めの株式のところで言っているので、

省略しても意味が通ります。

Why should you bother 1分57秒〜

“Why should you bother”は「気にする必要があるか」といった意味。

“Don’t even bother doing ~”(〜する必要はない)

“Why should I even bother getting a good grade in school?(なぜ学校で良い成績をとらなければいけない?)

といったように”bother”=「邪魔をする」「世話をやく」といった意味がありますが、

Whyとくっついて、Why bother〜で「〜する必要はある?」といった表現になります。

“Why should you even bother investing your money?”と言っています。

「どうして自分のお金を投資にまわす必要があるのか?」という意味。

“What’s the point of investing your money?”と続いていますが、

同じ意味ですね。

答え方としてはI bother because~とは言いません。

“A picture is worth a thousand words”と答えています。

「一枚の絵は1000単語の価値がある」という直訳で、「百聞に一見はしかず」と似ていますね!

ダンさんはここで、「なんで投資をすべきか?」「〜だからです」と続けていませんが、

話の内容から作ると、

“Because you can make more money a lot quicker than you keep it in cash”(現金でおいておくより早くお金をつくれるからです)といった答え方をします。

*ちなみに同じ動画の9:55秒でまた”Why bother when you can diversify your portfolio~”と、

Why bother~の表現が使われています。

3. I urge you to~ 8分44秒

“I urge you to~”は「〜することを強く勧める」といった意味。

I recommend you to~と似ていますが、urge you to~のほうが強く勧めています。

強制だとさらに強い表現で”You have to~”や”I will force you to~”、”It’s mandatory to~”といった表現を使います。

だいたい”I urge you to~”と言われたら、聞いた人からしたら、よく出る答えとしたら、”Fine then I will give it a try”かなと思います。

「そんなにオススメするならやってみるよ。」です。

“I urge you to roughly stick to this discipline of keeping (roughly) this type of balance.”

と言っています。

「この(投資比率の)バランスを保ってしっかり守ることを強く勧めます」

4. Diversify / Diversity 9分56秒〜

“Diversify”は「分散すること」。日本でもダイバーシティと使われるようになってきましたが、

アメリカでは特にDiversityは大事にされている考え方なので、それも含めて紹介させてください。

アメリカの教育では「ダイバーシティを尊重しよう」とすごく口酸っぱく言われます。

「違う価値観の人を受け入れ、尊敬しなくてもいいけど尊重はしようね」と教えられるのが、

アメリカの最大の強みでもあります。

多様性があることは、強みになります。

株式投資でも、ダイバーシティ、「今度は多様に分散投資すること」でどんな相場状況でも強いパフォーマンスが出せます。

“Going through that stress? Why bother when you can diversify and have safety assets that will go up.”

「(株価が下がったときに)上がる安全な資産を保有して分散できるときに(分散投資しないで)ストレスを抱える必要はないでしょ」

といった意味になっています。

“Usually the price of bonds and gold goes up when the stock market goes down, so you have a little bit of both.”

ちなみに続きも訳すと、

「通常では、株式相場が下げたときには国債や金の価格は上げるので、どちらも少しずつ保有するのがいいのです」

5. keep this in mind 10分30秒〜

“keep this in mind”は「〜を念頭においておいて」といった意味。

「頭のなかにキープしておく・とめておく」「覚えておく」ということなので、よく使われるのはぴんと来ると思います。

“Keep this in mind”はなにか重要なことを言ったあとに、最後に”Keep this in mind”と言って、ここは覚えておいてくださいねといった使われ方をします。

逆にはじめに”Keep in mind that~”で始めれば、聞き手としては「おっ念頭においておくべき重要なポイントがこれから語られるぞ」と気持ちの準備ができます。

“Keep in mind that~ “や”Note that~”という表現が聞こえたら、そのあとに言われることを集中して聞くようにしましょう。

“So, this is the basic portfolio allocation that I recommend for long term investment. Now short term is a different story which I’ll do in a different video, but keep this in mind.”

私がオススメする適切な分散がされたベーシックな長期投資ポートフォリオです。短期投資についてはまったく違った(オススメになるので)他のビデオで解説するので、念頭においておいてください」

といったふうに使われています。

週1で解説記事をあげようと思います

動画を視聴し続けていると、パターンのように同じような言葉が繰り返されているのに気づき始めると思います。

そのよく使われている表現は同じ音なので、気になるようになります。

なるべく頻出する表現を5つピックアップし、解説する記事をあげたいと思いますので

よければ投資と英語の勉強に役立ててください!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *