北海道に移住してよかったこと①:登山が仕事力を上げてくれる!

コロナでリモートワークが活発になっていて、住む場所に捉われない働き方ができる世の中に変化してきています。

リモートワーカーには北海道に住むのがオススメ。

リモートワーカーになって8年目の、世界中の都市に住んだことがある僕が「北海道に実際住んでみてよかったこと」について書いていこうと思います。

気軽に登山できるのがすごくいいです

僕は登山が好きです。

北海道にきてから、登山にハマってしまいました。

社会人にとってはやはり仕事が生活の大部分をしめますが、

登山は仕事のパフォーマンスを確実にあげてくれます。

外に出て、大自然の中で頂上を目指して歩くことで、

質の良い酸素が身体をめぐり、セロトニンがたくさん生成され、ストレスレベルが下がり…

と良いことがたくさん起きます。

Image from Unsplash

登山を終えるとそれなりの疲労感はもちろんありますが、よく眠れ、

そのあとの仕事がすごく捗ります。

東京に住んでいるときは、登山口に行き着くまでが遠く、疲れてしまうので滅多に行きませんでした。

北海道に住んでいると、山はそこらちゅうにあります。

登山口が近所にたくさんあるので、ひょいと山を登ってこれるのが魅力的です!

北海道は登りきれないくらい山がある

景色がかわることは気分転換になりますし、脳を活性化させます。

北海道は登りきれないほどの山がたくさんあります。

僕が今までで一番気に入っている山はアンヌプリ。

野生にかえる

そもそも人がコンクリートだらけの都市部で生活しはじめたのは比較的最近です。

自然とともに生きていた人にとって、それはストレスレベルが高いものです。

自然の中で生きて、湧水を飲み、家で自家栽培した野菜を食べる。

生活を少しタイムスリップして戻すだけで、ストレスレベルがぐんと下がります。

ストレスレベルが低く、健康的な状態を保っていたほうが、

やはり仕事のパフォーマンスは高くなります。

今はリモートワークも活発になってきて、オフィスに通わなくても仕事ができるようになってきました。

野生の状態に生活を少し戻すこともどんどん簡単になっていくと思います。

都市部には刺激を受けにいく

一方で都会には都会の刺激や良さがありますよね!

僕も北海道の田舎に住む時にそれは捨てがたいと思ったものです。

「田舎に行ってしまったらかわいい女の子と会えなくなるかも…」とか考えていました。

でも田舎の人は自然体で接していて楽です。

また、都会が恋しくなったらひょいと都市部に行けます。

札幌まで電車で40分ほどですし、

格安航空会社を使えばすぐ他の都市にも行けます。

でもやっぱり都市部にいると疲れるのが早いです。

基本、人間はしっかり遊んでしっかり休むことも大事なので、

休むほうの家は郊外でもいいと思っています。

リフレッシュにお金がかからない=資金を自己投資にまわせる

スノボ、釣り、サーフィン、ゴルフ…

いくつかあった趣味候補の中で、金銭的制限があった僕は登山に惹かれたのもあります。

始めは登山靴さえ買わず、ランニングシューズで駆け上がっていました。

ニセコに住んでいた時はそこら中に登山口があるので、休みの日には自然と足が向かっていました。

東京で気晴らしと言えば、よく2000円くらいかけて大井町にある日帰りの温泉施設に行っていました。

でも北海道だと天然温泉が1000円ほどでごろごろしています。

僕が通っているキロロリゾートはスキー・スノボのシーズン券をもっていれば通年温泉施設、プール、ジム、マッサージチェアなどが無料で使えます。

キロロリゾートには余市岳の登山口もあるので、

余市岳を登山→ちょっと豪華なランチ→温泉と休憩スペースでリラックス→WiFiを活用して少し仕事なんていう1日サイクルも可能です。

登山に行くのにかかっているお金はガソリン代くらいです。

趣味がものすごく安くおさまるので、お金が貯まるのが早いです!

山での交流もほどよい!

登山をしていると、すれ違う人とは100%挨拶します。

そのうち10組に1組くらいは「頂上までどれくらいですか?」とか「山頂は開けていますか?」など、

なにかしら質問されます。

それに丁寧に答えているだけで、リフレッシュになっています。

あまり深すぎない会話もたまには大事なんだと思います。

「山に登りにくる人で変な人はいない」という相互信頼みたいなものも芽生えているんだと思います。

なかにはその後仲良くなっていまだに連絡を取り合っている人もいるので、

山での出会いも楽しみのひとつでもあります。

北海道は旅行するより住むべき!

最後に、北海道は住むべきだということを話して今日は終わりにしようと思います。

不動産管理会社で働いていた時、管理している宿泊施設の滞在者が1ヶ月いたのに一度も晴れなかったことがありました。

そのグループが本州に帰った日からは快晴。

3泊しかしなかったグループがちょうど晴れ始めた日から滞在をはじめ、

「日本にこんな素晴らしい景色があったなんて!!」と大喜びだったのが印象に残っています。

北海道は天気が良し悪しで別の場所かのように差がでます。

登山やゴルフ、サーフィン。「天気が良いから今日行こう」と柔軟に決められるのは住んでいる人の特権です。

北海道は移住したい場所ランキングで常に上位にいますが、冬の寒さで躊躇する人も多いと思います。

でも寒さは意外と慣れるものです。

北海道の人の知恵が少しずつ自分にも身につき、北海道の四季を楽しめるのはかけがえのないものだと思います。

ITをうまく駆使すれば、質の高い生活を無理なく得ながら、パフォーマンスレベルが最高の状態で仕事もできます。

時間はかかりますが、僕は北海道移住はすごくオススメです。

今後も北海道移住についてや北海道の魅力についても発信していければと思うので、

ぜひ楽しみにしていてください!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *