Amazon?楽天?どっちを使うべきか比較してみました

Image from Unsplash

コロナで思うように外出ができなくなり、オンラインでの買い物に頼る人は増えたのではないでしょうか。

オンラインショッピングといえばAmazonと楽天。どちらを使うのがいいのでしょうか?

筆者の知人のあいだでもAmazonユーザーと楽天ユーザーが2分しており、どちらのほうを使うべきなのか、ブルーライトカットのメガネの買い物をしながら検証しました!

  • Amazonの特徴:時間を節約できる
  • 楽天の特徴:ポイントがたくさん貯まる

かなと思っています。以下は検証内容です!

Amazonの場合

Amazonは画面がすごくシンプルですよね!

Googleと似ていて、検索エンジンに買いたいものを入力して探すことを前提にしています。

Image from Amazon

また、「以前に買ったもの」や「それに付随したオススメ品」「閲覧したけど買わなかったもの」も表示されます。

特に「最近チェックした商品」はよく活用しています。

「検討しよう」と先延ばしにしていたのをやっぱり買うことにしたり、もう一度検討するために情報を読みたかったりするのが主な理由です。

ブルーライトカット メガネで検索をかっけると以下のような画面になりました。

Image from Amazon

選択肢が多くて迷いますよね!

画面の左の絞り込み機能を使えば、自分の探しているスペックや予算に合致するものがすぐ見つかります。

「Amazon’s choice」とAmazonがこれがおすすめですよーと知らせてくれる場合もあり、それを買うことも多いですね。

Image from Amazon

Amazonは商品がイメージ通りではなかった場合に、返品がききやすいです。

そのため、とりあえず買って使ってみるかと気軽に買ってみれるのがすごく嬉しいです。

Image from Amazon

買う商品が決まり、そのメガネをクリックすると「カートに入れる」にして他にも買い物をする場合やあとからまとめ買いできるようにするボタンと、今すぐ買うボタンがあります。

この「今すぐ買う」ボタンが素晴らしいです!

僕はピンポイントで欲しいものを探していることがほとんどで、余計なものは買いたくありません。

今すぐ買うをクリックすれば登録されたクレカで決済され、登録された住所に発送されます。

すごくシンプルですよね!

楽天の場合

楽天の画面に行くとこんな感じ。

Image from Rakuten

「ポイントが○倍!」や「クーポンで安い!」のような宣伝箇所が多く、お得感を打ち出している画面です。

Amazonと同じようにブルーライトカットメガネで検索をかけると、

サングラスの広告が出てきました…なぜ。

Image from Rakuten

スクロールするとやっと欲しかったブルーライトカットメガネが出てきました。

探してるものをスクロールしないと見れないのはストレスです。

Image from Rakuten

サングラスが出てくるのもNGだと思います。

ユーザーに本来の目的を忘れさせて、買うことを遠ざけてしまいかねません。

「あーそういえばサングラスも欲しかったな」「あっこれも欲しいかも」というループが始まるとそれだけで疲れてしまいます。

でもやはりポイントはなぜか3倍貯まるようです。

このポイントが貯まる!という事実にAmazonより心を打たれる人もいるのかもしれません。

楽天には独自の良さも

楽天にしかないサービスもあるのは事実ですよね!

「イーグルスやバルセロナを応援したい!」という意味で楽天ユーザーでいたいというならそれはそれでいいと思います。

僕がいまだに楽天を使うことがあるのは楽天トラベルです。

Amazonトラベルはありませんからね!

Image from Unsplash

でも飛行機はskyscannerで一番安く売っているウェブサイトを検索するほうが、楽天を通すより安いです。

Direct Bookingのほうが安い可能性があります。

ポイントがより多くもらえるからと楽天をとおして結果損している可能性はあります。

時間をセーブさせてくれるAmazonのサービス

このウェブサイトではいかに「時間をつくるかが重要か」について話しています。

やはりそれから考えるとAmazonが時間を節約させてくれるような使用感を与えてくれるのはメリットだと感じています。

課金はもちろんありますが、Prime会員だと配送が迅速になるので手元に商品が届くのも早くなります。

また、Amazon社が徐々に拡大させている自社配送システムのAmazon Flexでは置き配を積極的に推奨しています。

筆者はそのAmazon Flexのドライバーをしていましたが、マンションの廊下が置き配されている荷物だらけになっているのに驚きました。

「こんなに早く定着するなんて…」と少し感動したことがあります。

「ユーザーが荷物を受け取れず再配達をかける」という無駄を省くアイディアは素晴らしいと思います。

Amazonに軍配

結論としては

  • Amazonの特徴:時間を節約できる
  • 楽天の特徴:ポイントがたくさん貯まる

「Time is money」です。ポイントがたくさん貯まるよりもストレスの軽減や時間の節約のほうが大事だと判断し、僕はAmazonを使おうと思いました!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.