副業としてAmazon Flexをはじめるメリットとデメリット

Image from Unsplash

コロナも追い風となり需要が急増している宅配業ですが、副業として働くのは実際どうなのでしょうか?

今回は副業としての配達業について、実際Amazon Flexと佐川系の配達を経験した筆者がメリットやデメリットについて解説します。

配達を始めるメリット①:稼ぎがいい

配達業はもとから需要が高く人手不足で、いまのコロナを追い風に需要が急上昇しています。

高需要だとやはり賃金が上がりやすいです。これが最大のメリットだと思います。

筆者はアマゾンフレックス というアマゾンが自社で管理する配達の仕事をしていたとき、

週4日働いて30万円ほど稼いでいました。

Amazon Flexは個人事業主契約なので、月30日働いても労働基準法には引っかからないそうです。

30日働くことはオススメしませんが、不可能ではないと思います。

そうした場合、月45万ほど稼げる計算になります。

Image from Unsplash

また、Amazon Flexに限れば報酬は週払いです。

配送業の報酬はやはり月末締め翌月末か翌々月末支払いが多いので、この差は大きいです!

すぐにお金が必要な方にとっても、Amazon Flexがヤマトや佐川よりも働き始めやすい理由になると思います。

メリット②:予定が立てやすい

Amazon Flexでは専用のアプリに「オファー」という「この日時の枠で働きませんか?」という知らせのようなものが届きます。

その日時で働きたいと思えば画面上でスワイプすれば勤務する権利をもらえます。

だいたい日中は8時間の枠、夜は3時間の枠がほとんどです。

地域によりますが、届けた荷物の個数で報酬が決まるわけではなく、オファーを受理した時点で報酬が確定します。時給は1700円〜ほどです。

直前でオファーが余ってしまっている場合は、割増料金が上乗せされた報酬になるので、もっと稼げますね。

上のふたつのオファーは直前なので割り増し報酬が加算された額、下の2つは(札幌の)通常報酬です

アメリカでは1時間の枠も存在しているそうなので、いずれは日本でもそれくらいの短時間勤務も開始されるかもしれません。

Amazon Flexでは残業はしてはいけないので、必ず決められた時間内に倉庫に戻らないといけません。

働く日時は自分で決めるので、プライベートや他の仕事を優先できるのもすごくメリットです。

収入ポケットのひとつとしてすごくありがたい仕事でした。

Image from Unsplash

メリット③:自由がある

配達において基本的にこのふたつを守ればOKです。

  • 時間指定を守る
  • 割り当てられた荷物は一度は必ず届ける

1人で作業をするので、休憩をとる時間や場所も自由です。

勤務開始24時間前までにキャンセルする分にはOKなので、急な用事に対応できます。

ここまでフレキシブルな働き方ができるのは珍しいと思います。

メリット④AIが配達をサポートしてくれる

配達にはAmazonが開発したアプリを活用します。

AIがフル活用されていて、最先端を体験できて楽しいです。

繁忙期はやはり荷物で溢れかえることになります。

Amazon側もコンピューター解析などを駆使して、絶対に車に乗る量の荷物しか割り当てられません。

ルートもAIが組んでくれるので、それを自分で組み立てなくていいのは特に初心者のうちはメリットです。

運転+届けることに専念すればいいと思ってもらえればいいと思います。

イレギュラーが発生すれば、ドライバーサポートのコールセンターが用意されています。

スマホでタップ操作をするだけで、向こうから1分以内にはかけてきてくれます。

メリット⑤:配達を始めるハードルはかなり低い

難しいスキルの習得は必要なく、運転免許を持っていればできるのもありがたいところですね。

Amazonの小口の荷物がほとんどなので、そこまで体力は必要ないです。

年配の方や女性ドライバーもよく見かけました。

集荷場所に出勤→スマホの専用アプリで荷物をスキャン→車に積み込む→アプリが行先を教えてくれる→不在で届けれなかった荷物は倉庫に返す

当然のことですが、変なお客さんもいます。

イレギュラーもあるので、その辺はドライバーサポートセンターとやるとりすることになります。

最低限のコミュニケーション能力は必要ですが、他の仕事に比べ必要なスキルや労力は低めだと思います。

Image from Unsplash

配達のデメリット①事故

配達業で怖いのは事故ではないでしょうか。

荷物になにかあっても保障してくれる保険に加入させられると思います。

僕の場合は加入させられました。

Amazon Flexの場合はAmazonが保険を負担してくれます。

Image from Unsplash

ただ、万一の事故があった場合、商売道具の車が使えなくなるリスクがあります。

車両保険も含んだ任意保険の加入をおすすめします。

配達をする場合、黒ナンバーの取得が必要です。黒ナンバーの保険料は黄色より高く、月2万円ほどします。

筆者は北海道の雪道に慣れず、配達中ではなかったのですがアイスバーンで滑って横転しました。

車両保険を使ったので次の更新時には保険料がさらに上がることになります。

デメリット②:初期投資が必要+経費が出ていく

先ほどの保険の話もそうですが、配達業を運営していると経費がそれなりに出ていくことはデメリットとしてあげられるかもしれません。

まず車両費用がかかります。

車を購入する場合100万円前後します。

そんなお金ないよ!という方はローンで買うか、リースすることもできます

僕が始めた頃はなかったと思うのですが、Amazon Flexも車両のリースサポートを行っています。

Image from Unsplash

実際配達業を営むのにかかっていた経費の目安はこちら:

  • 車両費(3年ローン)月2.5万円
  • 自動車保険 月2万円〜
  • ガソリン 月3万円〜
  • 携帯料金(通信量8千円ほど)

特に車両費と保険に関しては固定費で、稼働しなくても出て行ってしまうのでよく考える必要がありそうです。

もともと軽貨物車を所有していたり、プライベートと併用したりするならいいかもしれません。

僕の場合は、車中泊旅が事業の一部になっていて、そのためにも車が必要なのでひとつの車が複数の事業の相棒となってくれました。

デメリット③不具合はまだまだ多い

一方で、アマゾンフレックスは急速に拡大していて、まだこれからのシステムです。

AIが学習して精度は上がっているものの、アプリが立ち上がらなかったり、ルートが非効率的だったりします。

大企業であることもあり、アプリの不具合で配達ができなくても問答無用で成績を落としますという通知がきたことが何度もありました。

外資ですので、担当部署がきっちり分かれてしまっていて、不具合の責任を他の部署にたらい回しにされます。

なんの解決にもならずドライバーの負担が募る。ということが実際現場では起きています。

「不具合はあなたのスマホでしか起きていない」と言い出す現場管理者もいました。

でもツイッターで調べたところ、不具合が起きている人はいます。

札幌の倉庫は電波が悪く、僕の携帯もポケットwifiもKDDI系なので相性が悪いだけなのかもしれません。

倉庫の方が使っているwifiをドライバーを使えるようにしてみるなり、機能する端末を貸し出すことを本社に働きかけてみるなり、できる改善策はいくらでもあったと思います。

やはり大きい企業ですので、改善対応もなかなか迅速にはできないということなのだと思いました。

でもシステムは日に日に改善されています。

「こういった改善が行われました」というような周知メールはよくきていましたし、アプリに起きていた不具合も時間が解決するだろうとも思っています。

デメリット④オファーがこない時期がありました

少々謎なのですが、オファーがぱったりと来なくなり、働きたくても働けない時期がありました。

一方でいまはオファーがいつも余っている状態です。

なにがあったのかはよく分からないのですが、思ったより働けない可能性も一応頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

ただ、いまは特に配達の需要が爆発しています。

Amazonの荷物をいまだにヤマトや佐川でもさばいていますが、パンク気味のようですのでなんとしてでもAmazon Flexを育てたいはずです。

オファーがぱったりなくなることは考えにくいとは思っています。

ただ、配完率(受託した荷物を実際届けられた率)や未配率(受託した荷物を届け先に届けに伺えなかった率)など、Amazonは各配達員のデータを成績のように集計しています。

これが著しく悪くなるようだと、アカウントを停止されるリスクもあるので、それは注意が必要です。

複数の収入ポケットがあれば自分に合う仕事だけを残せる

最終的には半年ほど配達をこなして、僕は辞めることにしました。

ウェブサイト運営のほうがストレス度が少なく、結果が出れば稼げる額に天井がないので僕にはこっちの方が合っているからです。

配達業を辞めた理由としては以下があげられます。

  • 稼ぎは悪くないが、今後大きく売上が上がるわけでもない
  • 不具合やアマゾン側の対応に対するストレス度がそれなりに高い
  • 稼働しなくても出ていく固定費がある(特に自動車保険は配達業をする車は月2万円前後、一般なら3千円で済みます…)
  • 事故リスクもある
  • アマゾン札幌までの通勤が遠い

この中で稼働しなくても出ていく固定費があるのが一番辞める決め手になりました。

黄色ナンバーに戻すだけで、20万円以上の節約になりますし…

札幌でもUber Eatsが始まりましたので、自転車なら運動にもなり固定費も少なく、始めたらおもしろいかと検討中です。

自分に合っているかはやってみないと分からない

僕の他にも辞めてしまったドライバーも多いですし、倉庫の休憩所でものすごい愚痴を言っているドライバーさんの声を何度も聞いたことがあります。

Amazonをやってみて、結局佐川やヤマトに流れるドライバーさんも多いようです。

一方で、あまり人とかかわらずに働きたい人にとっては「これほどいい仕事はない!」と思っている方も多いようでした。

僕のおすすめとしては、全部と契約して、自分がしっくりくる会社さんと付き合うのがいいと思います。

佐川やヤマトはどんなに頑張ってもAmazonほどは稼げないと思います。

また、「1年後にどこが一番働きやすくなっているか?」を考えるとほぼ100%の確率でAmazonだと思います。

Image from Unsplash

Amazonが活用しているAIは他の配達業者はおろか、楽天もそれ以上のものを整えるのは不可能だと思います。

いまはまだテスト段階というようなことを言っている管理者さんもいました。

ヤマトは高額な契約料がかかってしまいます。

当面は佐川とAmazonを並行して、配達業に慣れ、自分に合う方が明確になった時点でひとつに絞ることを検討したらいいと思います。

結論:事業を営んでみるのに最適

僕は辞めてしまいましたが、配達業をやってみてよかったと思います。

特に、副業を始めてみたい方にはすごくいい勉強になると思います。

売上がしっかりあがるのもメリットだと思います。

よく言われる副業の候補はブログだと思いますが、結果が出るまでに時間を要します。

モチベーション維持が大変ですし、結果が出る前に諦めてしまう人も多いです。

Image from Unsplash

配達業をもってみることで、売上➖経費=利益を体験し、事業用の口座でお金の流れを目で覆う。

これだけでも事業運営がぐっと身近になると思います。

それをこなしてみたうえで、会社員でいるほうが自分に合っているのか、それとも事業を展開していくのがいいのかを判断するといいと思います。

僕も黒ナンバーを黄色ナンバーに戻し、いまの車は車中泊旅ようの車として新たな収入源をうんでくれています。

体験、失敗、成功。小さくてもいいので新しいことを経験することが、自分らしく生きることには必須だと思います。

この記事が配達業をやってみたいと思っている方や、副業を始めたいと考えている方に少しでも参考になったら嬉しいです!

Amazon Flex HP

Amazon Flexを始める方はこちらから!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *